近年、人工知能(AI)技術の急速な発展により、画像生成AIが大きな注目を集めています。画像生成AIは、テキストや画像をもとに、まったく新しい画像を自動生成するツールです。これまで、デザイナーやアーティストの手によって生み出されてきた高品質な画像を、AIが自動で生成できるようになったのです。

本記事では、画像生成AIの基本的な仕組みを解説した上で、おすすめのツール8選を詳しく紹介します。各ツールの特徴や生成される画像のクオリティ、料金体系などを比較することで、読者の皆さまがニーズに合ったツールを選択する手助けになれば幸いです。

画像生成AIとは

画像生成AIは、大量の画像データを学習することで、新しい画像を生成するシステムです。主に以下の2つの手法が用いられています。

テキストから画像を生成する技術 ユーザーが入力したテキストをもとに、AIが画像を生成する手法です。例えば、「夕日に染まるビーチで、サーフボードを抱えた男性が立っている」というテキストを入力すると、その情景を表現した画像が自動で生成されます。

既存画像からの画像生成技術 既存の画像をもとに、AIが新しい画像を生成する手法です。
例えば、ユーザーが用意した複数の画像を組み合わせることで、それらの特徴を備えた新しい画像を生成できます。風景写真とゴッホの絵画を組み合わせれば、ゴッホ風の絵画タッチで風景画が生成されるといった具合です。

これらの技術を活用することで、画像生成AIは、テキストや画像からユーザーの意図をくみ取り、オリジナリティあふれる画像を自動で生み出すことができるのです。

おすすめの画像生成AIツール8選

1 Midjourney

Midjourneyは、Discord上で動作する画像生成AIツールです。
ユーザーがテキストを入力すると、そのテキストをもとにした画像を自動生成します。
Midjourneyの最大の特徴は、生成される画像のクオリティの高さと独特な芸術性です。
ファンタジーやサイエンスフィクションのような画像を得意としており、クリエイターやアーティストから高く評価されています。
料金体系は、月額制で、利用可能な画像生成回数に応じたプランが用意されています。

2 Stable Diffusion

Stable Diffusionは、オープンソースの画像生成AIモデルです。
高品質な画像生成が可能で、生成される画像のバリエーションも豊富です。
Stable Diffusionの大きな利点は、オープンソースであるため、開発者がモデルをカスタマイズしたり、独自のアプリケーションに組み込んだりできることです。
また、Webアプリやデスクトップアプリなどさまざまなインターフェースから利用可能で、ユーザーの利便性が高いのも特徴です。

Stable Diffusionはこちらから

3 DALL-E 3

DALL-E 3は、OpenAIが開発した画像生成AIツールの最新版です。
DALL-E 2の後継モデルとして、さらに高度な自然言語処理技術を取り入れています。
DALL-E 3は、テキスト入力に対してより正確で詳細な画像を生成することができ、ユーザーの意図をくみ取る能力も向上しています。
また、DALL-E 3はChatGPTとのシームレスな統合が可能で、対話形式で画像生成のプロセスを進められるのも大きな特徴です。
APIを通じて利用可能で、料金はAPI呼び出しの回数に基づいて課金されます。

DALL-E3.へはこちらから

4 Picsart

Screenshot

Picsartは、スマートフォンアプリとして提供されている画像生成AIツールです。
ユーザーフレンドリーなインターフェースが特徴で、誰でも簡単に画像生成を体験できます。
また、画像編集機能も豊富に搭載されており、生成した画像をその場で加工することが可能です。
無料プランでは、一部の機能に制限がありますが、有料プランに移行することで、より高度な画像生成や編集機能を利用できます。

Piscartへはこちらから

5 Bing Image Creator

Screenshot

Bing Image Creatorは、Microsoftが提供する画像生成AIツールです。
Bingの検索エンジンと連携しており、Web上で無料で利用できます
ユーザーは、テキストを入力するだけで、関連する画像を自動生成することができます。
Bing Image Creatorの特徴は、シンプルで直感的なインターフェースと、無料で利用できる手軽さです。ただし、生成される画像のクオリティは他のツールと比較すると若干劣る傾向があり、また、商用利用には制限がありますので注意が必要です。

Bing Image Creatorはこちらから

6 Adobe Firefly

Screenshot

Adobe Fireflyは、Adobeが開発中の画像生成AIツールで、現在ベータ版が公開されています。
Fireflyの最大の強みは、Adobeの豊富なクリエイティブツールとのシームレスな連携です。
例えば、Photoshopでテキストを入力すると、Fireflyが自動で画像を生成し、レイヤーとして追加することができます。
また、高度な画像編集機能を備えているのも特徴です。
現在はベータ版での提供ですが、今後のアップデートで更なる機能強化が期待されています。

Adobe Fireflyはこちらから

7 AIピカソ

Screenshot

AIピカソは、アニメーションや漫画のようなアートスタイルに特化した画像生成AIツールです。
ユーザーがテキストや簡単なスケッチを入力すると、それをもとにしたアニメ調の画像を自動生成します。インターフェースがシンプルで初心者にも使いやすいのが特徴です。
無料プランでは、低解像度の画像生成に制限がありますが、有料プランに移行することで、高解像度の画像を生成できるようになります。

AIピカソへはこちらから

8 NovelAI

Screenshot

NovelAIは、小説の執筆をサポートするAIツールとして開発されましたが、同時に画像生成機能も備えています。
NovelAIが生成する画像は、ファンタジーやサイエンスフィクションなどの文学的な要素を含んだユニークなアートスタイルが特徴です。
また、ユーザーが用意したテキストや画像をもとに、新しい画像を生成することもできます。料金は、月額制で、利用可能な画像生成回数に応じたプランが用意されています。

NovelAIへはこちらから

まとめ

画像生成AIは、私たちの創造性を大きく拡張する可能性を秘めており、デザインやアートをはじめ、幅広い分野での活用が期待されています。ノーコード開発においても、画像生成AIを取り入れることで、プロフェッショナルなビジュアルを持つアプリケーションの開発が容易になるでしょう。

本記事で紹介した8つのツールは、それぞれ特徴や長所が異なります。FlutterFlowユーザーの皆さまも、用途やニーズに合わせて最適なツールを選択し、創造性あふれるアプリ開発に挑戦してみてください。

FlutterFlow Cafeでは、今後も画像生成AIをはじめとする最新のテクノロジーを追いかけ、ノーコード開発の可能性を追求していきます。ぜひ、AIの力を借りて、イマジネーションを形にしていきましょう。